rss ログイン
神社と神道  - 神社オンラインネットワーク連盟

かついだ神輿(みこし)を揺り動かすのはなぜですか

知識トップ  >  祭器具(さいきぐ)  >  かついだ神輿(みこし)を揺り動かすのはなぜですか
神社で神輿を用いるのは、祭礼にあたっての神幸祭(しんこうさい)のときです。 神幸とは、御神体が本社から御旅所(おたびしょ:神幸の中継地および目的地となる所、本社や御祭神に由緒のある場所が選ばれる)に渡御(とぎょ)することをいいます。 このとき、氏子たちが神輿をかついで各地区を練り歩きますが、そうすることで神さまに各地区をご覧いただくのです。 神幸の途中、神輿を上下左右に振り動かしたりして、わざと荒々しく扱うことがあります。 これは神輿に坐す神さまの「魂振り(たまふり)」で、これにより神さまの霊威を高め、豊作や豊漁、疫病の退散がなると信仰されているのです。 また、海や川に神輿を入れることもありますが、この場合は一種の禊(みそぎ)神事と考えられています。
プリンタ用画面
投票数:239 平均点:5.06
前
神輿(みこし)について教えてください
カテゴリートップ
祭器具(さいきぐ)
次
神輿は神霊の乗り物といわれますが、山車(だし)はどうなのですか

 

Shinto Online Network Association © 平成28年 ウェブサイト「神社と神道」 Distributed by XOOPS Cube 2.2 Distribution Team.