rss ログイン
神社と神道  - 神社オンラインネットワーク連盟

注連縄(しめなわ)にはどういう意味があるのですか

知識トップ  >  祭器具(さいきぐ)  >  注連縄(しめなわ)にはどういう意味があるのですか
「注連縄」は神社や神棚などに見られるように、神聖な区域に懸け渡し、内と外を隔てて、不浄にふれさせないために用いられるものです。 つまり、ここが特別な場所であることを、人々に明示するためであります。 ですから、紙垂を垂らすというのも、注連縄を目立たせて、縄の所在をはっきりさせる目印なのです。 注連縄は、その形状によって大根注連(だいこんじめ)、牛蒡注連(ごぼうじめ)といった種類がありますが、いずれも新しい藁(わら)で左綯(ひだりない)にして作ります。 神棚に取りつける際には向かって右に太い方、左に細い方が来るようにして、これに紙垂を四垂(よたれ)はさみ込んでください。
プリンタ用画面
投票数:427 平均点:6.44
カテゴリートップ
祭器具(さいきぐ)
次
紙垂(しで)の作り方について教えてください

 

Shinto Online Network Association © 平成28年 ウェブサイト「神社と神道」 Distributed by XOOPS Cube 2.2 Distribution Team.