rss ログイン
神社と神道  - 神社オンラインネットワーク連盟

神饌(しんせん)の供え方について教えてください

知識トップ  >  家庭祭祀  >  神饌(しんせん)の供え方について教えてください

神棚には、毎朝必ず「神饌(お供え物)」である米(洗米もしくは炊いたご飯)と塩と水をお供えします。
米と塩は、土器(かわらけ)または白い小皿に山形にして盛り、水は水器などに、その日の初水を入れます。 そして、これらを三方(さんぼう)または折敷(おしき)の上にのせます。

のせるときの位置は、米を中心にして向かって右側が塩、左側が水です。 このとき、水器などの蓋(ふた)は取ってお供えします。
それから、三方や折敷の向きは、縁(へり)に継目(綴目)のある方を手前に向けて下さい。

通常お供えする神饌は、米と塩と水ですが、毎月一日や十五日あるいは宮形の中に納められているお神札の神社の例祭日、家庭内のお祝い事(誕生日、年祝いなど)のあるときには、酒や魚(尾頭付き)、野菜や果物などをお供えし、丁重にお祭りをします。

この他、四季の初物(その季節に初めてとれた物)やいただいた物などを得た折りにも神棚にお供えします。 一度神棚にお供えした物には、神さまの御霊(みたま)がこもりますから、お下げしたあとは一家揃っていただきます。

神棚、神具のネットでのご購入はこちら

プリンタ用画面
投票数:425 平均点:6.61
前
神棚(かみだな)はどこに設けたらいいですか
カテゴリートップ
家庭祭祀
次
家庭でお神札をお祀りするとき、どんな祭器具が必要ですか

 

Shinto Online Network Association © 平成28年 ウェブサイト「神社と神道」 Distributed by XOOPS Cube 2.2 Distribution Team.