ログイン  |  新規登録
トップ  >  神社と祭神  >  神社の称号について教えてください
神社の称号には、「神社」といわれる他に「神宮」「宮(ぐう)」「大社(たいしゃ)」「社」などがあり、各々の神社の由緒に基づいて定められています。 神宮という称号は、明治神宮や熱田神宮、平安神宮のように、皇室と深いつながりをもつ神社であるとか、天皇を御祭神としてお祀りしている神社に用いられます。 ただし、単に「神宮」と称した場合は、伊勢神宮のことをさします(「伊勢神宮」は通称であり、正式な名称は「神宮」です)。 宮の称号は、八代宮や井伊谷宮のように、親王をお祀りしている神社に用いられます。 なお、東照宮や天満宮、八幡宮のように慣習的に称号を用いる例もあります。 大社の称号は、かつて官国幣社(かんこくへいしゃ)制度があったときには、出雲大社のことをさしました。 しかし、戦後になってからは、春日(かすが)大社や住吉大社のようにこの称号を用いる神社が増えました。 これらの神社は、いずれも旧社格が官幣(かんぺい)大社、国幣(こくへい)大社の神社です。 社の称号は、大きな神社から御祭神を勧請(かんじょう)した神社に用いられ、神明社や天神社などがあります。
プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:354 平均点:5.62
前
伊勢神宮(正式には神宮)の御神札はどうして「大麻(たいま)」というのですか
カテゴリートップ
神社と祭神
次
稲荷神社はどなたをお祀りしているのですか

神職のみなさんへ

神社関係者ネット
全国800名の神職が集うメーリングリストに、ぜひご参加ください。

 

神棚・神具のご購入は…

神主さんおすすめの神棚
家庭のまつりこそ基本です。伊勢神宮と同じ茅葺きの神棚ほか。


shopping.jinja.jp
 


ネット広告