rss ログイン
神社と神道  - 神社オンラインネットワーク連盟

神職の職階にはどんなものがありますか

知識トップ  >  神社の祭り  >  神職の職階にはどんなものがありますか
「神職」とは、神さまに奉仕し祭儀や社務などを行う者の総称です。 「神官」とか「神主」ともいわれています。 神主という語には、古くはお祭りをつかさどる祭主、神社における司祭著という意味があったようですが、今日では神職と全く同じ意味で使われています。 それから、神職の職階による呼称ですが、伊勢神宮の場合は特殊な存在であるため、職階は祭主・大宮司・少宮司・禰宜・権禰宜・宮掌となっています。 それ以外の神社では一律に宮司・禰宜・権禰宜となっていますが、大きな神社の場合、宮司の次に権宮司を置くこともあります。 なお、戦前の制度では、神職は男性に限られていましたが、戦後は男女の差別はなくなり、女性も資格を得れば神職になれるようになりました。
プリンタ用画面
投票数:300 平均点:5.37
前
式年遷宮とは何ですか
カテゴリートップ
神社の祭り
次
祭典中に神職が「オー」という声を発するのは何のためですか

 

Shinto Online Network Association © 平成28年 ウェブサイト「神社と神道」 Distributed by XOOPS Cube 2.2 Distribution Team.