rss ログイン
神社と神道  - 神社オンラインネットワーク連盟

参道(さんどう)を通るときの心得について教えてください

知識トップ  >  神社の施設  >  参道(さんどう)を通るときの心得について教えてください
鳥居をくぐり抜けると、社殿まで続く道があります。 この道を「参道」といいます。 文字どおり参道とは「お参りする道」で、神さまの鎮まる所と人とを結びつける大切な道です。 たとえ、わずかな距離にすぎない参道であったとしても、神さまの鎮まる所へ一歩一歩近づくわけてすから、敬虔(けいけん)な気持ちで進むようにしましょう。 なお、鳥居をくぐるときには軽くお辞儀(おじぎ)をするのがよいとされています。 それから、参道の中央は「正中(せいちゅう)」といわれ、神さまの通り道とされているので、そこをなるべく歩かないようにするのが、神さまに対する礼儀といえるでしょう。
プリンタ用画面
投票数:639 平均点:7.14
前
鳥居の各部分の名称と種類を教えてください
カテゴリートップ
神社の施設
次
燈籠(とうろう)にはどんな種類がありますか

 

Shinto Online Network Association © 平成28年 ウェブサイト「神社と神道」 Distributed by XOOPS Cube 2.2 Distribution Team.