rss ログイン
神社と神道  - 神社オンラインネットワーク連盟

着帯(ちゃくたい)の祝いを戌(いぬ)の日に行うのはなぜですか

知識トップ  >  人生儀礼  >  着帯(ちゃくたい)の祝いを戌(いぬ)の日に行うのはなぜですか
「着帯の祝い」とは、胎児の健全な発育を願い、妊婦が白布の腹帯〈岩田帯)を締めるお祝いです。 懐妊五ヶ月目の戊の日を選ぶのは、犬のお産が軽い(安産)ということにあやかりたいという願いからだといわれています。 ところで「安産祈願」とは、無事な出産を神さまに祈る儀礼ですが、この祈願を、着帯の祝いの日に合わせて行うことが多いようです。 祈願の際には、一般的に各地の産土(うぶすな)神社に参拝します。 しかし、安産の神さまとして名高い神社などでは、遠方からも訪れる人があります。
プリンタ用画面
投票数:290 平均点:5.79
カテゴリートップ
人生儀礼
次
名付けはお七夜にするといいますが、なぜ7日目なのですか

 

Shinto Online Network Association © 平成28年 ウェブサイト「神社と神道」 Distributed by XOOPS Cube 2.2 Distribution Team.