rss ログイン
神社と神道  - 神社オンラインネットワーク連盟

修祓(しゅばつ)は何のために行うのですか

知識トップ  >  参拝と祈祷  >  修祓(しゅばつ)は何のために行うのですか
祭典において、神さまをお招きする前に心身の罪穢(つみけがれ)を祓うこと、つまりお祓いのことを「修祓」といいます。 まず神職が祓詞(はらえことば:神々の力によってさまざまの罪穢を祓い清めてもらうための祝詞)を秦上し、そのあとに行われるので、その間は祭典に参列している人たち全員が、頭を下げた姿勢のままでお祓いを受けます。 修祓の具としては、大麻(おおぬさ:榊の枝に麻と紙垂を付けた祓の具)・切麻(細かく切った麻と2センチ角程に切った白紙を混ぜた祓の具)・米・塩・塩水などが用いられますが、一般的なのは大麻や塩湯(えんとう:塩を溶かした湯あるいは水を器に入れ、榊の小枝で祓う)によるお祓いです。 大麻は左・右・左と振ります。
プリンタ用画面
投票数:397 平均点:7.03
前
のし袋の表書きはどのようにしたらいいですか
カテゴリートップ
参拝と祈祷
次
祝詞(のりと)をわりやすく説明してください

 

Shinto Online Network Association © 平成28年 ウェブサイト「神社と神道」 Distributed by XOOPS Cube 2.2 Distribution Team.