rss ログイン
神社と神道  - 神社オンラインネットワーク連盟

手水(てみず)の作法について教えてください

知識トップ  >  参拝と祈祷  >  手水(てみず)の作法について教えてください
参拝するときには、まず鳥居の所で衣服を整え、軽く一礼してから境内(けいだい)に入ります。 次に手水舎(てみずや)の水で両手を清め、口をすすぎます。 このことを「手水を使う」といいます。 手水舎の水盤には、たいてい「洗心」という言葉が彫られていますが、これには両手を清め口をすすぐことにより、心(魂)も洗い清めるという意味があるのです。 自分で手水を使うときの作法は、まず右手でひしゃくを持って水を汲み、左手にかけて左手を清めます。 次にひしゃくを左手に持ち替えて、同じように右手を清めます。 再びひしゃくを右手に持ち、左の手のひらに水を受け、その水を口にふくんですすぎます(このとき、ひしゃくに直接口をつけることは誤りです)。 口をすすぎ終えたら、もう一度水を左手にかけます。 最後に水を入れたひしゃくを立て、柄に水を流してからひしゃく置きに伏せて置きます。 手水奉仕を受けるときの作法は、まず両手で水を受けて、両手を清めます。 次にもう一度両手に水を受けて、その水で口をすすぎます。 そして、さらに両手で水を受けて、再び両手を清めます。 最後に拭紙(ぬぐいがみ)で口を拭ってから手を拭います。
     
プリンタ用画面
投票数:361 平均点:7.51
カテゴリートップ
参拝と祈祷
次
なぜ拝礼前に鈴を鳴らすのですか

 

Shinto Online Network Association © 平成28年 ウェブサイト「神社と神道」 Distributed by XOOPS Cube 2.2 Distribution Team.