rss ログイン
神社と神道  - 神社オンラインネットワーク連盟

五色絹(ごしきぎぬ)の五色の色は何を表しているのですか

知識トップ  >  祭器具(さいきぐ)  >  五色絹(ごしきぎぬ)の五色の色は何を表しているのですか
五色絹の「五色」は、古代中国に成立した「五行説(ごぎょうせつ)」という学説に由来します。 五行説とは木・火・土・金・水の五つの要素により万物が組成され、自然現象や人事現象の全てを解釈し説明するものです。 木火土金水は方位に対応し、それぞれ木=東、火=南、土=中央(天位)、金=西、水=北を表します。さらにそれぞれが、その方位を守る四神とその色に対応し、木=東=青龍=青、火=南=朱雀=赤、土=中央(天位)=黄、金=西=白虎=白、水=北=玄武=黒となります。神前の真榊(まさかき)や上棟祭(じょうとうさい)の折に使用する吹き流しの五色の絹は、天地万物を組成している五つの要素、木・火・土・金・水を意味しているのです。
プリンタ用画面
投票数:315 平均点:5.49
前
家に家紋(かもん)があるように神社にも特定の紋があるのですか
カテゴリートップ
祭器具(さいきぐ)
次
四神旗(ししんき)はどういう順番に並べたらいいのですか

 

Shinto Online Network Association © 平成28年 ウェブサイト「神社と神道」 Distributed by XOOPS Cube 2.2 Distribution Team.