rss ログイン
神社と神道  - 神社オンラインネットワーク連盟

神道(しんとう)という言葉はいつ頃から使われているのですか

知識トップ  >  神社神道の歴史  >  神道(しんとう)という言葉はいつ頃から使われているのですか
『日本書紀』の第三十一代用明天皇の条に、「天皇信仏法尊神道」(天皇は仏法を信じ、神道を尊びたもう)とあり、これがわが国の文献上での初出です。 神道は日本民族の間に自然に生まれ育った、伝統的な神祇信仰(じんぎしんこう)ですから、これに対する固有の呼称はなかったようですが、欽明天皇の御時に伝来した仏法に対比して、神道と表現することにより区別したのでしょう。 ところで、中国では『易(えききょう)経』に神道という言葉が用いられていますが、こちらの方は日本と違って霊妙なる道という意味のようです。 また、「後漢書」では、墓に通ずる道の意味で使われています。
プリンタ用画面
投票数:358 平均点:7.12
カテゴリートップ
神社神道の歴史
次
神社の始まりは何ですか

 

Shinto Online Network Association © 平成28年 ウェブサイト「神社と神道」 Distributed by XOOPS Cube 2.2 Distribution Team.