rss ログイン
神社と神道  - 神社オンラインネットワーク連盟

七福神は日本の神様ですか

知識トップ  >  神社と祭神  >  七福神は日本の神様ですか
福徳をもたらす神さまを「福神(ふくじん)」といい、その代表的なものに「七福神」の信仰があります。 この信仰は、室町時代から起きたものともいわれ、普通は恵比寿・大黒天・昆沙門天・弁財天・布袋・福禄寿・寿老人の七神があてられます。 このうち寿老人は福禄寿と同体異名であるという説もあることから、寿老人の代わりに吉祥天(きっしょうてん)を入れることもあります。 七福神は吉兆の象徴として、絵画や彫刻、芸能の題材にもされています。
■ 恵比寿(えびす:恵比須・夷・蛭子)
狩衣・指貫に風折鳥帽子を着け、右手に釣ざお、左手に鯛を抱える。 事代主神や蛭子尊をさすともいわれる。 海運守護・商売繁盛の神。
■ 大黒天(だいこくてん)
頭巾をかぶり、右手に小槌、左手は背負った大きな袋の口を握り、米俵の上に乗っている。 インドの神であるが、「大黒」が「大国」に通ずるところから、出雲大仕に祀られている大国主命と混同される。 福徳の神で、恵比寿とともに広く民間に信仰されている。
■ 昆沙門天(びしゃもんてん)
黄色くて怒りの相を表し、甲冑を着け、手には宝塔を持つ。 別名を多聞天(たもんてん)という。 インドの神であり、財宝の神として信仰されている。
■ 弁財天(べんざいてん)
「弁天」と略称で呼ばれることもある。 その像にはいろいろと種類があるようだが、琵琶を弾じている女像が代表的な像とされる。 本来はインドの神で、農業神でもあったが、のちに音楽や芸能、知恵の神となった。
■ 布袋(ほてい)
中国で実在した禅僧布袋和尚を神格化したものといわれる。 肥満休で腹が出ていて、布の袋を持つ。 円満の神。
■ 福禄寿(ふくろくじゅ)
中国の仙人に由来するといわれる。 背が低くて頭が長く、髭が多くて経巻を結びつけた杖などを持つ。 長寿を授ける神。 寿老人との混同がある。
■ 寿老人(じゅろうじん)
背が低くて白髪を垂れ、髭が長くて杖やうちわを持つ。 長寿を授ける神。 福禄寿との混同がある。
プリンタ用画面
投票数:320 平均点:5.50
前
八幡さまは全国に何社ぐらいありますか
カテゴリートップ
神社と祭神

 

Shinto Online Network Association © 平成28年 ウェブサイト「神社と神道」 Distributed by XOOPS Cube 2.2 Distribution Team.