rss ログイン
神社と神道  - 神社オンラインネットワーク連盟

八幡さまは全国に何社ぐらいありますか

知識トップ  >  神社と祭神  >  八幡さまは全国に何社ぐらいありますか
全国の神社の3分の1(約2万5千社)を数える八幡さまの本社は、大分県宇佐市にある宇佐神宮(宇佐八幡宮)です。 八幡さまでは、応神(おうじん)天皇(誉田川尊:ほんだわけのみこと)と神功(じんぐう)皇后(息長帯姫命:おきながたらしひめのみこと)、そして比売神(ひめがみ)も併せてお祀りしていますが、この他に玉依姫命(たまよりひめのみこと)、住吉大神、全比羅(ことひら)神、仲哀(ちゅうあい)天皇、仁徳(にんとく)天皇のいずれかを併せてお祀りする所もあります。 八幡さまは、早くも奈良時代の頃から皇室の篤い(あつい)信仰があり、平安時代になると、京都に石清水(いわしみず)八幡宮が創建され、国家の守護神として宇佐神宮の御分霊がお祀りされました。 その後、さらに源頼朝が鎌倉に鶴岡八幡宮を創建し、清和(せいわ)源氏の氏神として信仰したことから、武家の守護神としてまたたくまに武士の間で崇敬され、各地の武士は領地に八幡さまをお祀りしたのです。 現在では多くの人々からの根強い信仰を集めています。
プリンタ用画面
投票数:255 平均点:6.12
前
稲荷神社と狐の関わりについて教えてください
カテゴリートップ
神社と祭神
次
七福神は日本の神様ですか

 

Shinto Online Network Association © 平成28年 ウェブサイト「神社と神道」 Distributed by XOOPS Cube 2.2 Distribution Team.