rss ログイン
神社と神道  - 神社オンラインネットワーク連盟

屠蘇(とそ)は年長者から飲むものですか、年少者からですか

知識トップ  >  四季の祭りと行事  >  屠蘇(とそ)は年長者から飲むものですか、年少者からですか

 正月に年明けを祝って飲む延命長寿の薬酒を「屠蘇」といいます。 正月に屠蘇を飲むようになったのは、中国では唐の時代からで、日本においては平安時代の初期からといわれています。 屠蘇は、みりんの中に山椒(さんしょう)・桔梗(ききょう)・肉桂(にっけい)などの薬草をひたしたもので、これを飲むことにより邪気が払われ、寿命が延びるといわれているので、新年の祝い膳には欠かせないものの一つとされているのです。

 元旦は、まず祝い膳の用意が整ったら、家族揃って膳につきます。 そして、年明けの挨拶をかわしたあと、本年も家族全員が健康に過ごせるようにと祈って屠蘇を飲みます。 屠蘇は大・中,小の三種類の大きさの、いわゆる三つ重ねの盃を用いて飲みます。 その飲み方は、一家の長である主人から年少者へと順々に飲み干していく方法と、中国式に年少者から年長者へと順々に飲み干していく方法とがあります。

プリンタ用画面
投票数:233 平均点:6.87
前
鏡餅(かがみもち)の飾り方について教えてください
カテゴリートップ
四季の祭りと行事
次
お年玉の「玉」とはどういう意味ですか

 

Shinto Online Network Association © 平成28年 ウェブサイト「神社と神道」 Distributed by XOOPS Cube 2.2 Distribution Team.