rss ログイン
神社と神道  - 神社オンラインネットワーク連盟

祈年祭(きねんさい)の「年」は何を意味しますか

知識トップ  >  神社の祭り  >  祈年祭(きねんさい)の「年」は何を意味しますか
「祈年祭」は「としごいのまつり」ともいい、毎年二月十七日に全国の神社で行われるお祭りです。 ちなみに「年」とは稲を意味し、稲穂を蒔(ま)く季節の初めにあたって、その豊穣(ほうじょう)を祈願するわけですから、いいかえれば人間の生命の糧(かて)を恵んでくださるようにとお祈りするお祭りといえるでしょう。 したがって、一粒の米にも神さまの御霊(みたま)が宿ると考えられているのです。 祈年祭では、稲だけでなく五穀の豊穣と国の繁栄、そして皇室の安泰や国民の幸福なども祈願されます。 この日は、宮中の賢所(かしこどころ)においても祭典が行われ、天皇が御親拝になられるということです。
プリンタ用画面
投票数:360 平均点:6.00
カテゴリートップ
神社の祭り
次
稲荷神社のお祭りはなぜ午(うま)の日に行われるのですか

 

Shinto Online Network Association © 平成28年 ウェブサイト「神社と神道」 Distributed by XOOPS Cube 2.2 Distribution Team.