rss ログイン
神社と神道  - 神社オンラインネットワーク連盟

神前結婚式はいつ頃から行われていますか

知識トップ  >  人生儀礼  >  神前結婚式はいつ頃から行われていますか
現在、神社以外にホテルなどでも特設の神殿を設けて、「神前結婚式」を行う所が多く見られますが、神前結婚式の歴史は、そう古いものではなく、普及し始めたのは明治以後のことです。 その契機となったのは、明治33年5月、当時皇太子であられた大正天皇と九条節子妃(貞明皇后)との御成婚でした。 その御成婚の儀は、宮中の賢所(かしこどころ)(皇祖天照大御神(あまてらすおおみかみ)をお祀りする御殿)で初めて行われたことから、東京大神宮ではそれにあやかり、神前において一般人の結婚式を執り行いました。 これが世間の注目を集め、そして各地に普及していき、今日のように盛況を呈するようになったのでした。 神前結婚式が、このように普及する以前の結婚式というのは、各家庭の床の間のある座敷に、親族縁者が集まって行われていましたが、この場合は結婚式というよりも、むしろ結婚披露という意味合いが強く、この披露を済ませたのちに神社に奉告していたようです。
プリンタ用画面
投票数:229 平均点:4.93
前
男女の厄年(やくどし)を教えてください (厄年早見表)
カテゴリートップ
人生儀礼
次
年祝いについて教えてください

 

Shinto Online Network Association © 平成28年 ウェブサイト「神社と神道」 Distributed by XOOPS Cube 2.2 Distribution Team.