rss ログイン
神社と神道  - 神社オンラインネットワーク連盟

名付けはお七夜にするといいますが、なぜ7日目なのですか

知識トップ  >  人生儀礼  >  名付けはお七夜にするといいますが、なぜ7日目なのですか
生まれてきた子どもに名前を付けることを「名付け」といい、「命名」といういい方もされます。 名付けを行う日は、時代や地方によって違いがありますが、一般的にはお七夜(出生後七日目に、子どもの名前を親戚や知人に披露する儀式)の日に行われます。 現在の民法では、出生後十四日以内に出生地、本籍地、届出人の現住所のいずれかの役所へ出生届を出すことになっているので、最近はその日に間に合うように行われているようです。 名前に使用する文字は、戸籍法て決められていて、常用漢字や人名漢字、ひらがな、カタカナの中から選びます。 相応しい名前が決まったら、奉書紙や半紙などの白い紙に名前を書き、神棚にお供えしたり床の間に飾ったりします。 ところで、なぜ七日目に名付けを行うのか、それについては諸説がありますが、一つには七日が産婦の忌みのはれる第一段階であり、この日に産児が初めて外出して、家の神やかまど神にお参りする地方があることなどに関係があると思われます。
プリンタ用画面
投票数:348 平均点:5.92
前
着帯(ちゃくたい)の祝いを戌(いぬ)の日に行うのはなぜですか
カテゴリートップ
人生儀礼
次
初宮詣は生後何日目にするのですか

 

Shinto Online Network Association © 平成28年 ウェブサイト「神社と神道」 Distributed by XOOPS Cube 2.2 Distribution Team.