rss ログイン
神社と神道  - 神社オンラインネットワーク連盟

家相について簡単に説明してください

知識トップ  >  俗信  >  家相について簡単に説明してください
家相は人相と同様に、古代中国に起こったもので、方角と間取りの関係、敷地の形や方角、家の形などから吉凶を判断するものです。 たとえば、次のように吉凶の判断がされています。

門の前に大きな木があるのは災いを招く。
中庭に樹木や水たまりなどを設けるのは大凶。
古井戸をむやみに埋めると耳目に祟(たた)る。

ところで、わが国では凶の方角として、とかく「鬼門(きもん)」が重要視されています。 鬼門とは、北東すなわち艮(うしとら)の方角のことで、陰陽道(おんみょうどう)では諸鬼の出入りする危険な所として、万事に忌み嫌われています。 かつては、その方角に「鬼門除(きもんよけ)」といわれる神仏を祀るなどして、災いを防いだようです。 今日でも鬼門にあたる方角には、便所や出入口を設けることを忌む風習が残っています。 また、鬼門の反対の方向である南西すなわち坤(ひつじさる)は「裏鬼門」といわれ、台所や浴室を設けることが忌まれています。
プリンタ用画面
投票数:225 平均点:5.02
カテゴリートップ
俗信
次
鬼門(きもん)に便所がありますがどうしたらいいでしょうか

 

Shinto Online Network Association © 平成28年 ウェブサイト「神社と神道」 Distributed by XOOPS Cube 2.2 Distribution Team.