rss ログイン
神社と神道  - 神社オンラインネットワーク連盟

地鎮祭(じちんさい)とは何ですか

知識トップ  >  出張祭典  >  地鎮祭(じちんさい)とは何ですか
建物を建てるときに先立ち、基礎工事に着手する前に、その土地をお守りいただいている神さまをお迎えして、工事の安全と守護を祈念する祭儀を「地鎮祭」といいます。 地鎮祭を「とこしずめのまつり」と訓読みにしたり、「地祭(じまつり)」ともいいます。 祭場は、一般的に土地の中央を使用し、清浄な場所を示すための斎竹(いみだけ:葉の付いた青竹)を四隅に立て注連縄(しめなわ)を張ります。 その中央に神籬(ひもろぎ:榊に麻と紙垂をつけたもの)を立て、神さまの依代(よりしろ:神さまの降りられる所)とします。 祭儀は、まず修祓(しゅばつ)のあとに降神(こうしん:神さまをお招きする)を行い、次に神饌(しんせん)が供えられて、神職が祝詞を奏上します。 そして散供(さんく:米を打ち撒いたり、供えたりすること)を行い、苅初・穿初(かりぞめ・うがちぞめ:初めて鎌・鍬を入れること)と続き、鎮物(しずめもの)を埋納(省略することあり)します。 このあとに玉串拝礼、撤饌(てっせん:神饌をおさげする)、昇神(しょうしん:神さまをお送りする)が行われて終了します。
プリンタ用画面
投票数:312 平均点:6.83
カテゴリートップ
出張祭典
次
地鎮祭はどこに頼めばいいのでしょう

 

Shinto Online Network Association © 平成28年 ウェブサイト「神社と神道」 Distributed by XOOPS Cube 2.2 Distribution Team.