rss ログイン
神社と神道  - 神社オンラインネットワーク連盟

十二支に動物の名前があてられているのはなぜですか

知識トップ  >  暦 こよみ  >  十二支に動物の名前があてられているのはなぜですか
十二支(子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥の総称)が、いつ頃できたのかは明らかではありませんが、すでに中国の殷(いん)の時代(紀元前15世紀頃)には使われていたようです。 十二支は、十二年ごとに一巡する年回りを示し、十干(じっかん)(甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸の総称)と組み合わせて、60年で一巡する年あるいは六十日で一巡する日を表すほか、時刻や方角などを示すときにも用いられます。 十二支には、動物の名前をあてて呼んでいますが、もともと「子」や「丑」などの字には、「ねずみ」や「うし」といった動物の意味はなく、植物の発生・繁茂・成熟といった成長の過程を12の段階に分けて名付けたものです。 十二支に動物の名前があてられたのは、人々が覚えやすく、そして呼びやすいようにとの理由からといわれていますが、このことがのちにさまざまな迷信を生む原因ともなったようです。
プリンタ用画面
投票数:234 平均点:5.60
前
六曜の吉凶について教えてください
カテゴリートップ
暦 こよみ

 

Shinto Online Network Association © 平成28年 ウェブサイト「神社と神道」 Distributed by XOOPS Cube 2.2 Distribution Team.