rss ログイン
神社と神道  - 神社オンラインネットワーク連盟

巫女(みこ)の「巫」は「かんなぎ」とよみますが、どんな意味ですか

知識トップ  >  参拝と祈祷  >  巫女(みこ)の「巫」は「かんなぎ」とよみますが、どんな意味ですか
「巫女」は「神子」とも書き、神職の仕事を補佐する役を担った女性のことをいいます。 通常は、白の着物に緋(ひ)の袴をはいた姿で神に仕えて、神楽(かぐら)を舞ったり祈祷を行ったりします。 かつて巫女は、祭りを司る中心的役割をもった司祭者であり、生者や死者の霊魂を招いては、自分の口からその心意を述べたり、呪術的な祈祷を行ったりしていたようです。 巫女には「かんなぎ」という読み方もありますが、その語源については、神意を招請する意の「神招ぎ(かみまねぎ)」という語であるとか、「神和」という語であるともいわれています。 また「かんなぎ」は、女性だけに限らず男性もなっている例があり、その場合は男性を「おかんなぎ」、女性を「めかんなぎ」といって区別していました。
プリンタ用画面
投票数:292 平均点:6.85
前
ご祈祷とは何ですか
カテゴリートップ
参拝と祈祷

 

Shinto Online Network Association © 平成28年 ウェブサイト「神社と神道」 Distributed by XOOPS Cube 2.2 Distribution Team.