rss ログイン
神社と神道  - 神社オンラインネットワーク連盟

お神札(おふだ)とお守りの違いについて説明して下さい

知識トップ  >  授与品  >  お神札(おふだ)とお守りの違いについて説明して下さい
古代の人は、さまざまな危険や災難から心身を守るために、石や骨、鏡や剣といった呪物(霊威をもつ物)を、身近に携えていました。 そうすることにより、神様のお力で心身を守れると信じられていたのです。 のちにその呪物が時代とともに形を変えて、「お神札」や「お守り」となったのです。 もちろん古代と現代とでは、その内容も信仰の形も違います。 お神札は、家内安全や火災、疫病といった災厄からも私たちを守ってくれるもので、主に神棚にお祀りしたり、門口や柱に貼ったりします。 お守りは、お神札を小型化したもので、木片や紙片に神社名が記されています。 それをお守り袋に入れて、常に身につけておきます。 お守りには、肌守りを始めとして、厄除や良縁、安産、交通安全、学業成就などを祈願した、さまざまな種類のお守りがあります。 これらのお神札やお守りは、神職が神前にてお祓いと祈願を済ませたものを授与しておりますので、神霊の御分霊が宿ったものなのです。
プリンタ用画面
投票数:402 平均点:4.95
前
神宮大麻(じんぐうたいま)は毎年何体ぐらい頒布(はんぷ)されるのですか
カテゴリートップ
授与品
次
絵馬(えま)の起源を教えてください

 

Shinto Online Network Association © 平成28年 ウェブサイト「神社と神道」 Distributed by XOOPS Cube 2.2 Distribution Team.